会社・法人印鑑セット(ハンコセット)について

  • ホーム
  • 会社印鑑セット(ハンコセット)について

会社・法人印鑑セット(ハンコセット)について

会社・法人印鑑セットを心をこめてご用意します。
完全な国内製造となっています。 職人さんが一生懸命作っていますよ。 当センター(行政書士森脇事務所)オリジナルのセットです。

会社・法人印鑑3本セット(高機能ケースつき!)

ゴム印セット

厳選!会社・法人印鑑3本セット 概要

ラインナップ(7種類からお選びいただけます)

厳選!会社印鑑3本セット

7種類をご用意できます。
今ならもれなく、多機能・高級印鑑ケースつき!

(1)アカネ 会社・法人印鑑3本セット

アカネ、会社印鑑3本セット

(2)薩摩本柘 会社・法人印鑑3本セット

薩摩本柘、会社印鑑3本セット

(3)神楽ひのき 会社・法人印鑑3本セット 島根県の木材です。おすすめします!

神楽ひのき、会社印鑑3本セット

(4)智頭杉 会社・法人印鑑3本セット 鳥取県の木材です。おすすめします!

智頭杉、会社印鑑3本セット

(5)黒水牛 特上 会社・法人印鑑3本セット

黒水牛、会社印鑑3本セット

(6)オランダ水牛 特上 会社・法人印鑑3本セット

オランダ水牛、会社印鑑3本セット

(7)チタン 会社印鑑3本セット

チタン、会社印鑑3本セット

 

会社・法人印鑑3本セットの詳細

3本セットの詳細はこちらです。

3本セットの詳細

セット内容

法人登記印+法人銀行印+法人角印

+3本を格納する高機能・高級ケース 

↑ フタの部分が捺印マットになります。便利! 

印の大きさ 法人実印・・・60x18mm

法人銀行印・・・60x16.5mm

法人角印・・・60x21mm
書体

篆書体(てんしょたい)、印相体(いんそうたい)からお選びいただけます。

 

会社、法人印鑑にまつわる質問と回答

会社印鑑は、なぜ3つになるのですか?

【回答】会社印鑑(法人印鑑)は、一般的に、「実印」「銀行印」「角印」の3つを使用します。
本来、印鑑は実印1つでもいいはずです。なぜ、3つも作るのでしょうか。
答えは「リスクを減らすため」。

会社の実印を使いまわしていると、偽造される可能性が高まります。
偽造されて悪用されると、法人の場合、被害額は大きいです。

「偽造されるわけないよ」とお思いの方がいらっしゃるかもしれませんが、可能性がゼロでない限り、リスクは減らしておくべきです。
会社は、自分だけのものではなく、出資者、社員、社員の家族も関係してくるものです。

リスクを減らしておくことが、「会社経営者としての責務」という考え方が、昔から、受け継がれ、印鑑を3つに分ける風潮が生まれたものと思います。

印鑑はそれぞれ、どんなときに使うのですか?

【回答】会社実印は、「会社設立時」「契約を結ぶとき」「定款変更時」に使います。
特に、会社設立時には、会社の実印として、法務局に登録します。
法人印鑑証明書を法務局で取得することができますが、その印影は、法人実印です。

次に会社銀行印
これはお分かりと思いますが、会社の通帳を作るとき、銀行で使います。

最後に、会社角印
会社で事業活動を行う中で、「見積書」「請求書」「領収書」を発行します。これらに、使われます。
他に、外部向けの文書、社内向けの文書、事務所案内などにも使われます。

 

ページトップへ